pit-rayの備忘録

知識のあうとぷっと

【win-vind】VimのキーバインドでWindowsを操作する

重度のVimmerなら一度は思ったことはないでしょうか。

全ての操作をVimと同じようにできないかと。

今回はWindows限定となりますが、GUIをVimと同じようなキーバインドで操作できるようにするソフトウェアを開発しました。MITライセンスのOSSとしてGitHubに公開しています。

同じようなソフトウェアとして、AutoHokKeyなどが挙げられます。
AutoHotKeyは、独自のスクリプトにより、非常に柔軟かつ、複雑なことを行えますが、スクリプトを書く手間や、再構成の不便さなどは劣ります。
当ソフトウェアは、設計からVimライクなキーバインド、ホットキーに最適化しているため、インストールしてすぐ使い始めることができ、AHKスクリプトなどを覚える必要もありません。

win-vind



github.com

win-vindを使用すると、マウス操作やウィンドウ操作をキーボードだけで行うことができます。もちろん、オリジナルのVimに非常に近いキーマッピングとなっており、Vimmerなら直感的に使えると思います。また、win-vindは、キーバインドが有効になるノーマルモードと、キーバインドが無効になるインサートモードを持っていて、それを簡単に切り替えられるため、CUIとGUIのハイブリッドなUIを構築することができます。つまり、マウスを使うまでもないようなGUI操作はwin-vindを使用し、ディレクトリの操作やグラフィカルな操作は物理マウスといった使い方もできます。

また、win-vindはC++によるコンパイル時処理とネイティブWindowsAPIによる最適化によって、非常に軽いアプリケーションとなっています。

例えば、次のように登録したアプリケーションを起動することができます。


他に、キーボードのキー配置を画面の座標に投影し、任意の場所にカーソルを移動させられます。


使い方

GitHubに公式のwikiを作成しました。詳しいキーバインドや設定の仕方、開発者用の情報はwikiをご覧ください。
日本語版wikiトップページ

英語版wikiトップページ

ダウンロード

次のリンクからダウンロードすることができます。Windows10 Home 64bit (1909)で動作確認済みです。

github.com




以上です。
ご不明な点やバグの報告などがありましたら、この記事のコメントか、GitHubのIssues、Pull Requestなどでご連絡していただければ幸いです。